政府 カジノ管理委員会:令和3年度予算案41.5億円, 定員140人~委員会規則, 7月までに制定へ

12月21日、、カジノ管理委員会は、令和3年度予算案・定員の概要を公表。

令和3年度予算案は、41.5億円,YoY3.4億円増(要望額44.4億円)。事務局職員数は20人増員, 定員140人。

人件費を除く予算項目は、
・カジノ規制の整備・運用
~IR整備法施行のための関係規則や免許・許認可等の審査基準、ガイドライン等の整備・運用
・業務管理のためのシステム構築等
~カジノ事業免許等の審査業務の本格化やカジノ施設における厳格な入退場管理の実施等に向け、機密性の高い個人・法人情報等を管理するとともに情報管理に対する信頼性を確保するため、サイバーセキュリティ対策を含め堅牢な情報管理システムの構築及び運用
・海外規制当局等との協力関係の構築等
~職員の海外派遣等による海外当局の背面調査のノウハウの習得や高度化に向けた調査技術の情報収集、最新のカジノ規制・監督に係る制度調査体制の整備
・カジノ事業関連許可等の審査等
~カジノ関連機器等製造業者等の許可等審査

IR整備法は、公布の日(2018年7月26日)から起算して三年を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。カジノ管理委員会規則は、パブリックコメントを経て、7月までに制定される見通し。

2020年を通して、カジノ管理員会は、計30回の委員会を開催した(第1回1月10日、第30回12月17日)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です